/

超簡単!標準アプリのインタラクティブモード

インタラクティブモードによる詳細な設定変更
インタラクティブモードでアプリの詳細設定を行うことができます。

ここでは超簡単!標準アプリ(App_Twelite)に固有の機能を説明します。共通機能については、TWELITE APPS マニュアル のトップページを参照してください。

表示例

次のような画面を表示します。

--- CONFIG/TWELITE APP V1-01-1/SID=0x8201001f/LID=0x78 ---
 a: set Application ID (0x67720102)
 i: set Device ID (--)
 c: set Channels (18)
 x: set Tx Power (03)
 t: set mode4 sleep dur (1000ms)
 y: set mode7 sleep dur (10s)
 f: set mode3 fps (32)
 z: set PWM HZ (1000,1000,1000,1000)
 o: set Option Bits (0x00000000)
 b: set UART baud (38400)
 p: set UART parity (N)
---
 S: save Configuration
 R: reset to Defaults

コマンド

設定項目初期値備考
aアプリケーションID0x6772010232bit、例外あり
i論理デバイスID自動子機1-100,親機121,中継機122
c周波数チャネル1811-26
x再送回数と送信出力03
再送回数01-9回、0は初期値の2回、Fは無効
送信出力30-3
t子機間欠1秒モードの間隔1000100-10000ms
y子機間欠10秒モードの間隔102-10000s
f子機連続0.03秒モードのサイクル324/8/16/32回毎秒
zPWMxの周波数10001-64000Hz、カンマ区切りで個別設定
oオプションビット0x00000000その他の詳細設定
bUART代替ボーレート38400BPSピンで有効化
pUARTパリティN8-(N/O/E)-1

各コマンドの詳細を次に示します。

a:アプリケーションID

通信を行う端末はすべて同一の値とします。論理的にネットワークを分離します。

i:論理デバイスID

複数の子機を識別する必要がある場合に設定します。

子機の場合は1-100の任意の値へ、親機の場合は121へ、中継機の場合は122へ設定してください。

c:周波数チャネル

通信を行う端末はすべて同一の値とします。物理的にネットワークを分離します。

x:送信出力と再送回数

電波の送信出力と、パケットを追加で送信する回数を指定します。

t:子機間欠1秒モードの間隔

子機間欠1秒モードの間欠時間を1秒から他の値へ上書きします。単位はミリ秒です。

0を設定した場合は、タイマによる定期的な起床を無効化します。このときDIxの立ち下がりエッジにより起床しますが、立ち上がりエッジでは起床しません。

y:子機間欠10秒モードの間隔

子機間欠10秒モードの間欠時間を10秒から他の値へ上書きします。単位は秒です。

0を設定した場合は、タイマによる定期的な起床を無効化します。このときDIxの立ち下がりエッジにより起床しますが、立ち上がりエッジでは起床しません。

f:子機連続0.03秒モードのサイクル

毎秒の送信リクエストの数を32回から4/8/16回へ上書きします。再送回数は含みません。

zPWMxの周波数

値を一つ指定した場合は、すべてのPWMポートの周波数を上書きします。カンマ区切りで指定した場合は、PWM1-PWM4に個別の値を上書きできます。

o:オプションビット

32bit の数値を指定します。各ビットに紐付いた設定を有効化できます。

対象ビット設定項目初期送信受信連続間欠
0x00000001低レイテンシモード0️⃣
0x00000002定期送信の無効化0️⃣
0x00000004定期送信とUART出力の無効化0️⃣
0x00000010AIxの変化による送信の無効化0️⃣
0x00000020AIxの値の無効化0️⃣
0x00000040PWMxの計算式を変更0️⃣
0x00000100ボタン押下時のみ送信0️⃣
0x00000800DIxの内部プルアップを停止0️⃣
0x00001000最大中継段数を2とする0️⃣
0x00002000最大中継段数を3とする0️⃣
0x00010000PWMxの波形を反転0️⃣
0x00020000起動後PWMxを落とす0️⃣
0x00080000代替ポート割り当て0️⃣
0x00100000起動後2秒間DOxを落とす0️⃣
0x00400000DOxの出力を反転0️⃣
0x00800000DOxの内部プルアップを停止0️⃣

b:UART代替ボーレート

BPSピンをGNDへ接続して起動した場合に選択される代替ボーレートを38400bpsから上書きします。

値は9600/19200/38400/57600/115200/230400から選択できます。他の値を指定すると、誤差が生じる可能性があります。

p:UARTパリティ

Nはパリティ無し、Oは奇数、E:は偶数を示します。

データビットは8、ストップビットは1で固定されます。ハードウェアフローは設定できません。

オプションビットの詳細

オプションビットの値の各ビットに紐付いた設定を解説します。

00000001:低レイテンシモード

低レイテンシモードは、DIxの変化を検知してから速やかに送信を行うことで、受信側の遅延を短縮します。

00000002:定期送信の無効化

連続モードにおける1秒おきの定期送信を無効化します。

00000004:定期送信とUART出力の無効化

子機:連続モードにおける1秒おきの定期送信を無効化するほか、受信データのUART出力を停止します。

00000010AIxの変化による送信の無効化

子機:連続モードにおいて、AIxの入力が変化した際の送信を無効化します。

開放されたAIxポートは不定の値を報告するため、正気状態でアナログ入力を利用しない場合はVCCへ接続する必要があります。このオプションを設定すると、VCCへの接続を省略できます。

00000020AIxの値の無効化

ADCの計測値を使用せず、未使用ポート(0xFFFF)扱いとしてパケットを送信します

00000040PWMxの計算式を変更

初期状態ではボリューム用に調節した出力を PWMx へ適用します。

このオプションはこれを無効化し、1.8V 以下の入力に対してフルスケールの出力を行います。

00000100:ボタン押下時のみ送信

DIxの入力が Low であるときにパケットを連続送信します。

例えば、モータを遠隔制御する際に利用します。リモコンのボタンを押している間にモータを回転させ、電波が途切れた場合に停止させることができます。

00000800DIxの内部プルアップを停止

DIxの内部プルアップ(約50kΩ)をすべて停止します。

00001000:最大中継段数を2とする

最大中継段数(ホップ数)を初期状態の1から2へ変更します。

00002000:最大中継段数を3とする

最大中継段数(ホップ数)を初期状態の1から3へ変更します。

00010000PWMxの波形を反転

PWMxの出力波形を反転します。

AIxへ最大値を入力すると PWMxは Low となります。

00020000:起動後PWMxを落とす

起動後またはリセット後にPWMxの出力を Low 状態とします。

00080000:代替ポート割り当て

代替ポート割り当てを有効化します。

PWM2/PWM3へトランジスタ等を接続すると、動作が不安定となる場合があります(詳細)そうした場合に利用してください。

00100000:起動後2秒間DOxを落とす

起動後またはリセット後にDOxを2秒間 Low 状態とします。

DOx へ接続した LED を起動時に点灯させることができます。

00400000DOxの出力を反転

DOxの出力を反転します。

初期状態とは異なり、片方の DI が Low レベルになると、もう片方の DO も Low レベルとなります。

00800000DOxの内部プルアップを停止

DOxの内部プルアップ(約50kΩ)をすべて停止します。